体脂肪とダイエットの関係

ダイエットの中でもとにかく食べないという方法はダイエットのはじめのうちはやせますが、からだには決してよくはなく、リバウンドを起こすことになるかもしれません。その点脂肪燃焼を視野に据えたダイエットなら、体脂肪を効率よく消費して健康的なダイエットができます。ダイエットの中には体重を減らすことだけを目的にして食事を抜いたり減らしたり、特定の食べ物だけを摂ってやせるというものがあります。この方法では脂肪燃焼が起きず、かえって体が脂肪をため込むようになってしまうのです。これは筋肉だけが落ちることにつながり、体脂肪率は増える一方で健康にも決してよくありません。筋肉を落とさずに脂肪燃焼によって体脂肪だけを減らすダイエット方法でならリバウンドが起こりにくくなります。健康にも美容にもいいダイエットができます。脂肪燃焼のためには、脂肪が体の中でエネルギー源として使われるように燃えやすい体を作る必要があります。咀脂肪燃焼を促すものは消費エネルギー以下の摂取エネルギーで抑えること、そして適切な運動です。体脂肪は、運動などによって筋肉を動かすことにより、脂肪分解酵素の働きで脂肪酸とグリセリンに分かれます。そのうちの脂肪酸が血液に乗って筋肉へと運ばれ、それがエネルギーとなって使われます。こんな脂肪燃焼を促すことでダイエットを行っていくためには、習慣として筋肉を使ったストレッチやエクササイズをすることが大切です。