メタボリックシンドローム予防の必要性

メタボリックシンドロームは病気につながる状態のことで、実際の病気ではないのです。そしてこれといった体で感じる症状がない場合でも、メタボリックシンドロームと診断できる場合もあるのです。自覚症状がないのがクセモノで、そのために予防が難しく、動脈硬化の症状が出るまで気づかないこともあります。しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。メタボリックシンドロームが進んでからの改善は困難です。病気を起こしてしまわないうち、そしてその前にメタボリックシンドロームになってしまう以前に予防措置をとっておかなければなりません。まず自分の体の状態を調べておくことこそ、メタボリックシンドロームの予防として、最初にしなければならないことなのです。健康診断を受けること、これが自分がメタボリックシンドロームかどうかを判断するための手段になります。現在の自分の危険度を知ることが、予防のモチベーションにもつながります。それには町の病院に直接行ってみる方法もあれば、健康診断を受ける、ということもできます。人間ドックと健康診断は似たようなものだと思われがちです。しかし健康診断よりずっと細かい検査をするものが人間ドックなので、メタボリックシンドロームがどうかを知るだけであれば、健康診断で問題ないでしょう。