メタボリックシンドローム予防のための食事

食生活の改善こそが、メタボリックシンドローム予防のまずはじめにすることです。食事で振り返らなければならないのは、その内容だけでなく、食べる量や時間、そして食べ方も大きく影響をするのです。日々の習慣になるように少し気をつけるだけでも予防策としては有効なので、あまり神経質にならない程度に少しずつ実行していけば、ダイエットにもなり、健康にももちろんよい結果をもたらすでしょう。また食事は寝る3時間前以降に摂らないようにすると、メタボリックシンドロームのために充分予防になるのです。寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やし、中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されません。そうしてうまく処理できなかったエネルギーは血液中に残ってしまい、中性脂肪を増やす元になってしまいます。そのうえ食べてすぐ寝ると脂肪が吸収されやすくなるため、脂肪はそのまま残留し、一段とメタボリックシンドロームに近づいてしまうのです。そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。よくかむことで満腹中枢が刺激され、少し食べただけでも満足できるうえ、インスリンが正しく分泌するよになって肝臓への負担も軽くすることができるのです。ひとくち30回程度かむことが目安で、たとえていうなら食べ物が口の中でおかゆのような状態になるのがいいのです。食べ過ぎないようにすることも、メタボリックシンドロームの予防策として効果があるのです。一日に必要なエネルギー量を知り、その範囲内での食事量に留めることで余計な脂肪がつかずにすみます。