ダイエット時に心がけたいこと

ダイエットをするのであれば、摂取カロリーはオーバーしないように食事は工夫しなければなりません。基礎代謝というものは10代半ばを境に徐々に落ちてくるものなのです。成人を過ぎた頃から太り始めた人の場合、若い頃と同じ量の食事をしてカロリー過剰になっている可能性があります。脂肪燃焼ダイエットでは、大まかでいいのでカロリー計算をして、必要のないカロリーを摂取しないように気をつけましょう。脂肪燃焼のための運動を継続していると、途中で体重が減らなくなるようなときがあります。このような現象は、体が消費エネルギーを必要以上に使わないようにするために起きるもので、適応現象と呼ばれています。適応現象は数週間で終わりますが、この時点でダイエットを中断したり、食事の量を元に戻したりすると脂肪燃焼が止まり、体脂肪が逆に増加します。これこそがあのリバウンドと呼ばれる現象です。また、脂肪燃焼ダイエットのために運動には十分な水分の摂取が必要で、有酸素運動の前後で水分を摂らなければ汗の量が減り、体温調節がうまくいかなくなります。よくいわれる「水を飲むだけで太る」ということはないもので、脂肪燃焼ダイエット中は高カロリー食品は食べないようにしなければなりません。ポテトチップスなどの油を使ったスナック菓子はかなりの高カロリーなので制限するようにしましょう。けれども金輪際食べないというような決め方はストレスがたまってしまうので、食べてはいけないのではなくて、量を減らしたりすればいいと考えるようにしましょう。