にきび予防になる洗顔法

適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮するのです。にきび予防には洗顔は欠かせないもので、これにより余分に出た皮脂が洗い流され、余計な角質も取り除かれて、きれいになるのです。にきびを予防するための洗顔料は、できるだけ添加物が入っていないもので、肌に刺激を与えにくいものがいいでしょう。人間の肌は元々弱酸性なので、PH値を乱し肌に余計な負担をかけることのないよう、にきびケアには弱酸性の洗顔料が理想的です。洗顔の際には、まず33℃~37℃くらいのぬるめのお湯であらかじめ肌をぬらし、下洗いをしてください。このぬるま湯であることが効果を生み、ざっと汚れを落としながら毛穴を開かせ、さらに細かい汚れが落ちてにきび予防になります。使うお湯が熱すぎると、皮脂を余計に落としすぎ、潤いも奪ってしまうのです。乾燥肌の人の場合、お湯はもっとぬるくてもよく、すでにこの下洗いだけで汚れは70%は落ちるといいます。下洗いが済んだら洗顔料を使って洗いますが、このとき泡をしっかり立てるようにしましょう。この洗顔料の泡立てはとても大切なことで、泡が弾力のあるクリームのような状態にまでなると、その泡は細かい粒子になり、これが毛穴の奥まで入り込むことで、汚れをしっかりと落としてくれるのです。ごしごしこすって洗うことは禁物で、手が触れないくらい、泡を動かすような感じで洗いましょう。すすぎはしっかりしないと洗顔料が残ってしまい、にきびをまた作ることになるので、洗顔の2倍の時間を目標にすすぎ、残った水分はタオルでこすらず、やさしく抑えるようにして取り去りましょう。