メタボリックシンドロームについて

メタボリックシンドロームとは内蔵に脂肪が蓄積するなどで肥満症や高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病が起こりやすくなっている状態のことを指します。重なって発生しやすいのがこれらの病気の特徴で、また病気が重なるにつれ、動脈硬化へとつながりやすくなっています。がん、脳卒中、心臓病、これら3つの疾患が、日本人の三大死因といわれています。その中の心臓病と脳卒中が入っている、いわゆる循環器病の元となるのが、この動脈硬化なのです。そんな生活習慣病にならないようにするためには、まずメタボリックシンドロームこそを予防することです。そのメタボリックシンドロームの基準には、2005年に日本肥満学会から発表されたもので、まず男性は腹囲85cm以上、女性は腹囲93cm以上という数値があげられました。それに加え、血圧130/85mmHg以上、中性脂肪150mg/dL以上またはHDLc40mg/dL未満、血糖110mg/dL以上、という基準が含まれるのです。しかしながらその基準値は、日本とWHO、またアメリカとでもそれぞれ違っているのです。しかも本質をついた内容であるとはいいきれないため、予防法も様々です。糖尿病、心筋梗塞、脳卒中という、メタボリックシンドロームになった場合にかかりやすい疾患は、医療費の中では約30%にあたるのです。この事実で将来に強い不安を覚えた厚生省は、それを予防するために、生活習慣病患者といずれ生活習慣病にかかりそうな人を2015年までに25%減らす目標を立ち上げました。このような経緯で、メタボリックシンドロームを予防するための保健指導が開始されることになったのです。

車の下取りと買取はどちらがお得なの?
http://www.tundrarecords.org/

ダイエット時に心がけたいこと

ダイエットをするのであれば、摂取カロリーはオーバーしないように食事は工夫しなければなりません。基礎代謝というものは10代半ばを境に徐々に落ちてくるものなのです。成人を過ぎた頃から太り始めた人の場合、若い頃と同じ量の食事をしてカロリー過剰になっている可能性があります。脂肪燃焼ダイエットでは、大まかでいいのでカロリー計算をして、必要のないカロリーを摂取しないように気をつけましょう。脂肪燃焼のための運動を継続していると、途中で体重が減らなくなるようなときがあります。このような現象は、体が消費エネルギーを必要以上に使わないようにするために起きるもので、適応現象と呼ばれています。適応現象は数週間で終わりますが、この時点でダイエットを中断したり、食事の量を元に戻したりすると脂肪燃焼が止まり、体脂肪が逆に増加します。これこそがあのリバウンドと呼ばれる現象です。また、脂肪燃焼ダイエットのために運動には十分な水分の摂取が必要で、有酸素運動の前後で水分を摂らなければ汗の量が減り、体温調節がうまくいかなくなります。よくいわれる「水を飲むだけで太る」ということはないもので、脂肪燃焼ダイエット中は高カロリー食品は食べないようにしなければなりません。ポテトチップスなどの油を使ったスナック菓子はかなりの高カロリーなので制限するようにしましょう。けれども金輪際食べないというような決め方はストレスがたまってしまうので、食べてはいけないのではなくて、量を減らしたりすればいいと考えるようにしましょう。

にきびのケアと食生活

にきびのケアを考えるには食生活の見直しも大事です。それではどういう食生活をすれば、にきびを作ってしまうのでしょうか。食べるものでにきびを寄せ付けないようにするには、にきびの原因になるような皮脂を作りやすい食べ物を避けることです。にきびを予防するために、にきびに悪いとされる食材は摂らないようにすることはいいのですが、あまりに避けすぎて食事のバランスを欠いてしまうことは、健康を維持するためでは決してよくないのです。適正な食事の量を心がけ、バランスの良い食生活をすることが、にきびのケアにはよい結果となります。フライや天ぷらなどの油ものや、肉類などの動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を促します。にきびをケアするためには、肉類よりは魚介類を食べたほうがいいでしょう。ごはんや麺類、パンといった炭水化物は、消化されることで糖分に分解され、それが油分へと変わって皮脂が作られることになります。炭水化物は主食でなので多く摂りがちですが、にきび予防のためには摂りすぎないように気をつけなければなりません。糖分がたっぷりある甘いものも、油分へと変わって皮脂を作り出すため、やはり食べ過ぎないように気をつけたいものです。大人のにきびにつながるものに飲酒もあり、にきびの原因でもある糖分を含んだ酒は、皮脂の代謝に役立つビタミンB群を消費してしまうという難点も持っています。飲み過ぎは内臓への負担も大きく、生活習慣が乱れ体と肌にストレスのかかる原因にもなります。スマホ買取

にきびのケアについて

にきびができると発疹ができ、同時に炎症を起こします。同じにきびの症状でも、思春期以降にできるにきびは吹き出物と呼ばれています。主に皮脂腺の多い顔や頭、胸、背中にできますが、顔のにきびはコンプレックスの原因にもなり、深刻な悩みに発展することもあります。にきびのできやすさは体質によって個人差があり、皮脂腺の活発な人は症状が特に出やすくにきびのケアが必要です。特ににきびができやすい時期だといわれている初夏、そして初秋には、にきび対策をしっかりしておきましょう。ホルモンバランスが変化しやすい思春期は特ににきびができますが、これは成長するにしたがって消えていきます。大人になってできるにきびは、ストレスや生活の乱れ、それから乾燥でも起こります。その他に、便秘によって体内に溜まった毒素が体の表面に回り、それがにきびになることもあります。顔にいるダニが原因でにきびができるという話もありますが、にきびのケアを誤らなければ顔ダニは多くの人には無害で、余計な皮脂を食べてくれている効果もあります。にきびができた後のケアも大切で、それが正しく行われていないと、悪化してしまったりにきび跡を作ってしまったりします。間違ったにきびケアを続けていると、色素沈着を起こしたり、クレーターができたりします。正しい方法で肌を手入れし、生活習慣も乱さず、食生活にも気をつけていれば、肌は健康でにきびもできないでしょう。
スマホ買取

体脂肪とダイエットの関係

ダイエットの中でもとにかく食べないという方法はダイエットのはじめのうちはやせますが、からだには決してよくはなく、リバウンドを起こすことになるかもしれません。その点脂肪燃焼を視野に据えたダイエットなら、体脂肪を効率よく消費して健康的なダイエットができます。ダイエットの中には体重を減らすことだけを目的にして食事を抜いたり減らしたり、特定の食べ物だけを摂ってやせるというものがあります。この方法では脂肪燃焼が起きず、かえって体が脂肪をため込むようになってしまうのです。これは筋肉だけが落ちることにつながり、体脂肪率は増える一方で健康にも決してよくありません。筋肉を落とさずに脂肪燃焼によって体脂肪だけを減らすダイエット方法でならリバウンドが起こりにくくなります。健康にも美容にもいいダイエットができます。脂肪燃焼のためには、脂肪が体の中でエネルギー源として使われるように燃えやすい体を作る必要があります。咀脂肪燃焼を促すものは消費エネルギー以下の摂取エネルギーで抑えること、そして適切な運動です。体脂肪は、運動などによって筋肉を動かすことにより、脂肪分解酵素の働きで脂肪酸とグリセリンに分かれます。そのうちの脂肪酸が血液に乗って筋肉へと運ばれ、それがエネルギーとなって使われます。こんな脂肪燃焼を促すことでダイエットを行っていくためには、習慣として筋肉を使ったストレッチやエクササイズをすることが大切です。

メタボリックシンドローム予防のための食事

食生活の改善こそが、メタボリックシンドローム予防のまずはじめにすることです。食事で振り返らなければならないのは、その内容だけでなく、食べる量や時間、そして食べ方も大きく影響をするのです。日々の習慣になるように少し気をつけるだけでも予防策としては有効なので、あまり神経質にならない程度に少しずつ実行していけば、ダイエットにもなり、健康にももちろんよい結果をもたらすでしょう。また食事は寝る3時間前以降に摂らないようにすると、メタボリックシンドロームのために充分予防になるのです。寝る3時間以内の飲み食いは中性脂肪を増やし、中性脂肪を代謝する機能は食べてすぐに眠るとうまく処理されません。そうしてうまく処理できなかったエネルギーは血液中に残ってしまい、中性脂肪を増やす元になってしまいます。そのうえ食べてすぐ寝ると脂肪が吸収されやすくなるため、脂肪はそのまま残留し、一段とメタボリックシンドロームに近づいてしまうのです。そしてゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べると、それもメタボリックシンドロームの予防につながるのです。よくかむことで満腹中枢が刺激され、少し食べただけでも満足できるうえ、インスリンが正しく分泌するよになって肝臓への負担も軽くすることができるのです。ひとくち30回程度かむことが目安で、たとえていうなら食べ物が口の中でおかゆのような状態になるのがいいのです。食べ過ぎないようにすることも、メタボリックシンドロームの予防策として効果があるのです。一日に必要なエネルギー量を知り、その範囲内での食事量に留めることで余計な脂肪がつかずにすみます。

メタボリックシンドローム予防の必要性

メタボリックシンドロームは病気につながる状態のことで、実際の病気ではないのです。そしてこれといった体で感じる症状がない場合でも、メタボリックシンドロームと診断できる場合もあるのです。自覚症状がないのがクセモノで、そのために予防が難しく、動脈硬化の症状が出るまで気づかないこともあります。しかも動脈硬化の場合初期症状はほとんどなにもないのが普通で、体に何か変化を感じ始めたときは、すでに予防では間に合わず、病状がかなり進んでいる場合もよくあるのです。メタボリックシンドロームが進んでからの改善は困難です。病気を起こしてしまわないうち、そしてその前にメタボリックシンドロームになってしまう以前に予防措置をとっておかなければなりません。まず自分の体の状態を調べておくことこそ、メタボリックシンドロームの予防として、最初にしなければならないことなのです。健康診断を受けること、これが自分がメタボリックシンドロームかどうかを判断するための手段になります。現在の自分の危険度を知ることが、予防のモチベーションにもつながります。それには町の病院に直接行ってみる方法もあれば、健康診断を受ける、ということもできます。人間ドックと健康診断は似たようなものだと思われがちです。しかし健康診断よりずっと細かい検査をするものが人間ドックなので、メタボリックシンドロームがどうかを知るだけであれば、健康診断で問題ないでしょう。

にきび予防になる洗顔法

適切なスキンケアは、にきび予防に最も効果を発揮するのです。にきび予防には洗顔は欠かせないもので、これにより余分に出た皮脂が洗い流され、余計な角質も取り除かれて、きれいになるのです。にきびを予防するための洗顔料は、できるだけ添加物が入っていないもので、肌に刺激を与えにくいものがいいでしょう。人間の肌は元々弱酸性なので、PH値を乱し肌に余計な負担をかけることのないよう、にきびケアには弱酸性の洗顔料が理想的です。洗顔の際には、まず33℃~37℃くらいのぬるめのお湯であらかじめ肌をぬらし、下洗いをしてください。このぬるま湯であることが効果を生み、ざっと汚れを落としながら毛穴を開かせ、さらに細かい汚れが落ちてにきび予防になります。使うお湯が熱すぎると、皮脂を余計に落としすぎ、潤いも奪ってしまうのです。乾燥肌の人の場合、お湯はもっとぬるくてもよく、すでにこの下洗いだけで汚れは70%は落ちるといいます。下洗いが済んだら洗顔料を使って洗いますが、このとき泡をしっかり立てるようにしましょう。この洗顔料の泡立てはとても大切なことで、泡が弾力のあるクリームのような状態にまでなると、その泡は細かい粒子になり、これが毛穴の奥まで入り込むことで、汚れをしっかりと落としてくれるのです。ごしごしこすって洗うことは禁物で、手が触れないくらい、泡を動かすような感じで洗いましょう。すすぎはしっかりしないと洗顔料が残ってしまい、にきびをまた作ることになるので、洗顔の2倍の時間を目標にすすぎ、残った水分はタオルでこすらず、やさしく抑えるようにして取り去りましょう。

暑いですねー

10月も半ばに入るというのにこの暑さはなんですか。まだ夏ですか。そうですか。秋はなしですか。今日は新潟で35度らしいですね。異常気象ってやつですね。観測史上初だそうで。去年も夏から一気に冷えて冬に突入した気がしますが今年はもっと夏が長くて暑くて気温の変化が激しそうですね。秋の涼しさが好きなんだけどなーここ数年秋だなーって感じることがなくなってきている気がする。今こうしてブログの記事を書いていますけど、窓全開&扇風機のうえに半袖短パンですからね。10月半ばですよ?夏服しまったケドまた出さないといけないかもしれない。でも厚さは今週いっぱいという情報もあるし、衣替えが難しい季節ですね。

ストレス解消

う~ん、どうやらストレスがたまってるようだ。あまり気分がよくない。規則正しい生活をしていないからかな。朝起きるのは遅めだし、夜寝るのも遅め。これはダメ人間の典型。ストレス解消しないと体持たないぞ。定期的にストレス発散する必要がある。問題はどんなストレス解消法にするかだ。カラオケがいいかなやっぱ。